www.virtpresenter.org

クレジットを機能停止する際の申請手順自体は簡単なことに違いありませんが契約解除するに際して考えておきたいポイントなどもわかっておくだけで、契約失効を少しの手間で進めることが簡単になるだろう。箇条書きに記してみました故確認してみてほしい。クレカ登録を完了させた後時間をおかずすぐに試用不可能化を実行するのは非推奨》クレジットカード発行した後即座に手に入れたカードを無効化すると、ブラックリストに入れるべき人物などというように取り扱い会社において処理されてしまうというありがたくない出来事があるのです(例えば何度にもわたり手続き⇔試用不可能化という作業をやってしまったケース)。よくあるのは入会限定特典を得る目的であるケースではギフト券やプレゼントなどという加入時のボーナスを残らず獲得したので間髪入れず解約がした方が良いと考えたくなる意向も理解できます。それでもクレジット会社の立場より検討してみればずる賢い客に自社の与えるクレジットカードをいいように利用されて余分な作業を増やしたくないなどというように結論を出すという意思決定が下されても当然。ですから、もし申請時の特別待遇だけを目当てにクレジットをを申請してしまった時でも即契約解除実行せず最小でも6ヶ月、より安全を期すならば1年が経過するまでは登録したクレカについては有効にしておくことをするべきだと念を押したいと思います。加入時の優待券のみに終わったことではなく、とりあえず契約してみたが使用する機会がないので・・・と気持ちがはやってしまうような時であっても最低でも持ち始めてから半年経つ間はカードを有効な状態にするようにして下さい。利用者側が何となく思っている以上にクレジットという代物を新しく作るための人件費は生じてしまうものだと割り切ってせめてものお詫びという具合に相手を気遣って下さるのならばクレジット会社も助かるでしょう

Link

Copyright © 1996 www.virtpresenter.org All Rights Reserved.